読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こみねもすなるだいありー

全然何にも怖くない

部品になりたい

仕事を始めて4か月とちょっとが過ぎて、季節が変わった。暑い暑いと思いながら仕事に行っていたのに、今は寒い寒いと思いながら仕事に行っている。

今までの人生で、ずっと「私はこんな仕事はしないだろうなぁ、向いてないだろうなぁ」と思っていた仕事を、今している。特に激しい拒否反応があったわけでもなく、毎日仕事に行くと1日がすごく早く過ぎる。少人数の職場で、父親や母親世代の人と同年代の人がバランスよく働いていて、その全員が同じようなテンションで仕事に臨んでいるのが、落ち着いて働けているポイントかなと思う。知識が足りないので勉強していると、すごく褒められる。それが単純に嬉しい。もっとこの人達のためになりたいと思う。

業務はものすごく手探りで、1日何度も上司や先輩に相談をする。こういうときこうしてもいいですか?こういう件なんですけど、私が対応してもいいですか?これでよかったんでしょうか?やってしまった後で「こうすればもっとよかったのに。今なら普通に思いつくことなのに、なんであの時思いつかなかったんだろう」と落ち込むことが多い。自分の気の回らなさにガーンとなって、あーあとなる。

お客さんに口頭で何かを説明するときも、常に必死で喋っている感じが強い。お客さんに引かれていないか、自分だけが先走っていないか、冷静に考えつつ話をすすめていくのは難しい。どうしたら伝わるかな?と一生懸命考えてはいるけれど、一生懸命なだけでは多分だめだろう。

でもこの間、以前私が対応したお客さんに「あなたがこの間一生懸命話してくれたから、だから決めたのよ」と笑ってもらった。

一生懸命が1番だとは思わないし、業務を完璧にこなすけれど一生懸命じゃない人と、ミスをするけれど一生懸命な人では、私だったら前者の方がいいかなと思う。でも、今は一生懸命しかない。頑張っていますすいません、一生懸命のみです、と顔に張り付けていく。お客さんが笑ってくれて、私はすごく嬉しかった。誰かが、他人が何かを決めるとき、私がその中の部品になっていた。

何かの中にある部品になりたい。「社会の歯車にはなりたくない」というフレーズがあって、私もそんな風に思っていたことがあったけれど、今は「何かの部品になりたい」と思う。別に歯車じゃなくていいし、ネジでもちょうつがいでも、何でもいい。何かの一部の部品として機能したい。その部品としての役割をまっとうできる、ここにこの部品をあてがおう、ちょうどいいから、と選んでもらえる何かになりたい。

広告を非表示にする