読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こみねもすなるだいありー

全然何にも怖くない

最近TOKIOをよく聞く

アイドル 自分のこと
最近よくTOKIOの曲をよく聞く。朝は「スベキコト」とか。

今の自分にすごく必要な気がして、眠いときカフェインを摂取して脳を起こすように、そんな気持ちで聞いている。

TOKIOの熱心なファンをしたことは今までないけど、TOKIOの歌はなんとなくいつもそばにあった。中学生のころ、サッカー大会のタイアップだったTOKIOの曲が、毎朝見るニュース番組で毎日流れていた。それを聞くと、あ〜〜今日もつまんない授業聞いて、部活でしごかれなきゃなんないのか…と憂鬱になっていたことを思い出す。なので当時はその曲が苦手だった。今はなんかすっぱい思い出。

長瀬くんの、厳しくもやさしくもない、ただ超然と格好のいい声が好きだ。今は、甘えるなと殴られたい気分でも、毎日大変だよねと甘やかされたい気分でもない。今私は、圧倒的に、無自覚に格好いいものに胸を委ねたい。声と、堅実なプレイと、なんでもなさげに見える歌詞がその気持ちにぴったりで、だから、毎日TOKIOを聞くのです。

とっておきの、ゆっくりした夜は、「リリック」を聞く。長瀬くんが作詞作曲をつとめたこの曲は、信じられないほど直球で、私はこんな曲を書き上げてしまったら、まっすぐすぎて怖くなるだろうと思うような曲で、だからこそグサグサ切られる。会いたい君へつづったこの歌にあわせて、色々と考えると、切ない気持ちと、がんばる気持ちが湧いてくる。会いたい人がたくさんいる。会いたいけど、今は遠くて会えない人がたくさんいる。私は色んなものを超えて、いつかそのみんなに会うことができるのかなぁ?不安になるけど、なるけど……。

今はやるしかないぜと、TOKIOが言っている。ような気がする。そうですね、と私は納得する。儀式みたいなこの一瞬のために、最近TOKIOをよく聞く。
広告を非表示にする