読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こみねもすなるだいありー

全然何にも怖くない

生まれ変わったら中島健人になりたい

生まれ変わったら中島健人になりたい。

中島くんの人生で羨ましくない部分がない。優しいお母様とちょっぴり個性的なお父様の間にたった一人生まれた子供で、自分がかっこよくあることに小さいころからこだわりを持っていた男の子だ。人並みに甘酸っぱい経験をしつつも彼は事務所に入ってアイドルになり、多少憎らしくもよきパートナーとなる少年と出会って、めきめきと美しさを増してゆく。
学校では普通の友達もできる。仕事をしていないときは、そのピカピカとした感じはなりを潜めるけれど、衣装を着てステージにのぼれば、彼にかなう人間はいないのではないかと思うほど、観客をねじ伏せる。バカバカしいこともやる。笑ってもらえればいい。ときめいてもらえればいい。こっちを見てほしい。彼は自分に正直でストイックだ。求めているものに向かってまっすぐ邁進する。全身で「俺を好きになれ!」と叫んでいる。口に出していうことはあまりないけれど、好きになってもらうための努力を自然にやってのけてしまう。

彼のように生きられたら、と思う。無論、彼もひとりの人間で超人なんかではないことはわかっている。わかっているけれど、憧れずにいられない。
強い彼が好きだ。