読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こみねもすなるだいありー

全然何にも怖くない

ラッキィィィィィィィ7聞きました&発売おめでとうございます

全曲回して聞いて、これはいいアルバムだ!と嬉しかったです。

前ミニアルバムの「パリピポ」はそれぞれテイストの違う曲をアソートのように詰め合わせていたイメージですが、今作は私の好みの「電波アニソン風」の曲が多かったイメージで一人でテンション爆上がりです。

■ ラッキィスペシャ

なんか宝くじが当たりそうな曲です。ふざけてはいるんですが曲としてギュッとまとまって完成しているので、楽しく聞けました。みんなの個性のある声が惜しみなく使われてます。重岡くんのヤケクソ歌唱(褒めてます)とか、照史くんのディズニー映画風歌唱とか。意外と淳太くんがキャラクターっぽい歌い方が上手だったり。
特典MVでみんなが天界でおるすばんする天使役をやってるんですが、白い革ジャンにちっこい天使の羽根つけようって言った人にほんと金一封送りたい。クッッソかわいい~!!結構歳いってるお兄さんたちに羽根つけるってなったら、ああいう革ジャンとかでメルヘンさを中和するのが超正解ですよね。あと個人コスプレでは神山くんにディーラーコスプレをさせた人がMVP。じゃらじゃらアクセにシルバーブロンドのちっちゃいお兄さんがカード切ってくれるなら何万円でも突っ込む~~!!

■ Seven Powers

曲的には「WESTERN PARADE」とちょっと似たものを感じました。コンサート一発目はラッキィスペシャルで登場、2曲目がこれとかでもいいかもですね。アルバムでも2曲目なので、そういうポジションをしっかり担ってもらえる曲かも。暖色メンバーと寒色メンバーでそれぞれメンバーカラーで自己紹介的な。歌詞は「おもろい色いろいろ」とか「7(なな)」と「ナナナ~♪」をひっかけていたりして、良い感じ。3分半でスッキリ終わるサイズ感もしっかりお仕事している感じで好きです。

■ ホルモン ~関西に伝わりしダイアモンド~

今アルバムで一番好き!!「陰」の一番ディープな曲が「Eternal」だとしたら「陽」の一番ディープな曲は「ホルモン」では?!という感じ。音がひたすらギューーーッと詰まっていて聞いてて気持ちいいし、実際ホルモンみたいに聞けば聞くほど新たな発見があって聞き込みがいのある曲だと思います。ちょっと中華風サウンドなところが最高。映像化されている「なにわともあれホンマにありがとう!」の「バンザイ!夢マンサイ!」で着ていた中華風の衣装を着て歌ってほしいな~。C&Rも盛り盛り、ここまで詰め込まなくてもいいんだよ!?という盛り方。7人いると次から次へとソロリレーができてほんとに楽しい。それも7人全員がある程度以上に歌えているのが大きいだろうな~と思います。ジャニーズWEST歌うまいです。
個人的にこの曲の神山くんの声がすごい立ってて素敵だと思いました。細かい掛け合いで合いの手風に短いフレーズを歌うときのリズム感が抜群すぎ。流星くんのラップに合いの手入れるのかわいすぎる。というか全体的に神山濱田藤井がぴりっと効いてる。

■ ガッテン アンセム

十分がやがや賑やかな曲だと思うんですが、現行ジャニーズ最強クラスに濃い「ホルモン」の後だと、なんとなくさわやかな曲に聞こえてしまうというマジック。特典MVのメイキングに収録されているインタビューで「さわやかな曲やな~」と語っているメンバーを見て「これがジャニーズWESTのさわやか……」と真顔になってしまいました。
この曲は小瀧くんの声がよく聞こえてくるな~という印象。それにしても中毒性の高い曲です。一回聞いたらしばらく「ガッテンガッテンだ~♪」が頭から離れないし、サビは1回聞いたら覚えられる。
歌詞がゆとり世代応援歌っぽくて、そういえばジャニーズWESTゆとり世代なんだなって気づきました。弟組はゆとり世代ど真ん中なのかな……?ゆとりゆとりって言われながらも頑張るみんなガンバレ!って感じで好きです。

■ 3.1415926535

めっっちゃアニソン!!電波アニソン風!!大好き!!アニメ2期のOPって感じ。好き嫌いありそうですが私は好きです。
こういう曲でもみんな本気で美声披露してくるので気が抜けない。コンサート、かなりテンション上げないと口が回らなさそうで大変そうです。ジャニーズWESTのラップ密度が高すぎてほんとにしんどそう。サビの裏にかわいい声でコーラスが入ってるんですが、これは誰の声かな…?神山くんの声っぽい?
ラスサビ前の淳太くんの先生っぽい掛け合いはコンサートでもやってくれるのかな?全員着席!って言ってオタクが座るみたいな掛け合いがあるのかな?ワクワク

■ きみへのメロディー

いきなりこういう曲入れてくるから!!ありえない!!好き!!一生ついてく!!みたいな気持ちになりました。
この曲はとにかく最初のサビの濱田くん~~(´;ω;`)という印象。「かけがえのない人へ」最高すぎて…。じわ~っと泣けてきます。めっちゃいい声してますよね~濱田くん…。
歌詞はほんとにベタなラブソングって感じで、でも「二度目の冬」って歌詞が入ってて、あーそうだよね、ジャニーズWESTがデビューしたときに彼らと出会った人は、彼らと過ごす二度目の冬だよね……ってしんみりしました。
なんかこの曲は、これをジャニーズWESTが歌うんだぞってところに意味があるのかもなって思いました。

■ Eternal

アルバムの重しというか、この曲なかったら多分このアルバムが成立しないだろうっていう重要なピース。みんなフルスロットルでせつなさと狂気で歌って来るんでこっちも思わず本気で聞かざるを得ない。初めて聞いたとき外で歩きながら聞いてたのですが、思わず立ち止まって1曲聞き切りました。
Can't stop→Criminal→Eternalはほんとに作詞作曲してくださったみなさんにひたすらお礼を言いたくて、こういう世界観をデビューしたてのジャニーズWESTに与えてくれてありがとうございます、そうなんです闇が似合うグループなんです……って握手したい。「オモシロ」「しっとり大人」「カッコイイ」に「闇、病み」を加えてくださって本当に本当にありがとうございます。
「魚のように身を寄せ合う」と「これが最後の戦いだ」の、階段を降りるようなメロディーがめちゃ好きです。重岡くんはこういうパートをけだるげに歌ってくれるので、ちゃんと重岡くんにパートが振ってあったのも嬉しい。ジャニスト狂気番長の神山くんもエンジンフルスロットルで歌ってくれててヤバイ。コンサートで神山くんがどういう目つきでパフォーマンスしてくれるか楽しみ。
個人的にキャンストクリミナルエターナルの三部作は、
●Can't stop
主人公のずっと好きだった女の子(幼馴染)が金持ちと結婚することに(主人公は"愛のない結婚だ、彼女は金のために結婚させられる"と思いこんでいたが、実際は愛し合った末の幸せな結婚だった)。主人公は耐えられなくて彼女をさらって逃げる。あと少しで屋敷を脱出というところで追ってきた結婚相手の金持ちの男性(すごくいい人、本気で女の子を愛して幸せにしたいと思っている)に追いつかれる。主人公は持っていた拳銃で、男性に向かって発砲。男性に銃弾が命中するはずだったが、女の子が銃口の前に飛び出し、男性をかばって銃弾を受ける。白いドレスが真っ赤に染まる。主人公、息絶えた幼馴染を抱いたまま逃走。この時点でもう主人公は狂気の中にある。
●Criminal
死んだ彼女の遺体を連れて逃走する主人公。彼女はもう何にも答えないけど、主人公はもう頭がおかしいので彼女がまだ生きている幻をみている。彼女は本当は自分のことが好きで、助け出してくれてありがとう、と思ってくれているという幻想をみている。
●Eternal
ついに逃走する手立てがなくなる。近くにあった廃屋で最後の蜜月。「いつか故郷の街へ帰って、一緒に暮らそうね」と約束しあう。追手が迫ってきて、主人公は絶望(絶望も何も、もう女の子は死んでいる)。持っていた拳銃で彼女を撃って殺した(殺すも何も、もう女の子は死んでいるし、女の子を殺したのは他でもない主人公)あと、自分の頭を撃ち抜いて絶命。追手が廃屋に踏み込むと、腐乱しかかった、ウエディングドレスを着た女の子の死体と、まだあたたかい男の死体が重なり合うようにして倒れている。

と、いう感じだったらマジで救いがないな……と思って想像していました。叶わぬ恋つらすぎ。

■ TAMER

淳太くんのセンスはわりと全面的に信用しているのでいい曲ができるだろうな~と思っていましたが、想像以上にクソかっこいい曲だったので目ん玉飛び出そうでした。お前らいたいけな女の子たち狩ってこい!ってけしかける淳太くんビジュアル的に最高すぎるでしょ。歌詞カードの写真が衣装なのかな~もうちょっとハードな感じの衣装でもよかったんだよ……。
ラスサビの転調もテンション上がったけど、2コーラス目に入ってるムチの音たまらない淳太くんあんたいいよ最高だよ……今回ばかりは淳太様って呼ぶよ……。コンサートではエルメスの乗馬ムチ使えばいいんじゃない?黄色は取り扱いないだろうし、今も売ってるかどうかわかんないけど、エルメス乗馬道具売ってたからムチも売ってたみたいだよ♡

エルメスのムチだと…使い道に妄想が止まらない - NAVER まとめ

■ Lovely Xmas

ラブリ~~~!タイトルに偽りなし。めっちゃラブリー。「プレゼントがあるんだ もうちょっと瞳閉じてて」ってもうやだこの人絶対チューしようとしてる!!!やだ!!!好き!!!
インタビューで「メンバーカラーが赤と緑だから、クリスマスカラーやなってなってクリスマスソングに」みたいなことを言っていたんですが、タイミングよすぎるし曲が二人のキャラにばっちりあっててGood。二人の声だとユニゾンもふんわりやわらかくてかわいい感じになりますね。コンサートがクリスマスにないのが残念だけど。
多分これ女の子と男の子の曲だと思うんですが、前髪切りすぎたっておでこを触ってるのを抱きしめたくって困るのは完全に重岡くんと神山くんに対してですよね?ファンの気持ちですよね?くう~かわいい。最年少の小瀧くんがわりとカッコイイ路線なので、今後もこの二人にジャニーズWESTのかわいい路線を担って行ってほしいです。

■ Terrible

VIVIDとはまた違うというか、VIVIDのカッコよさはビリビリ来る感じのカッコよさだったんですが、Terribleのカッコよさはなんか内側からじわじわ毒に侵されるみたいなカッコよさです。聞いてると照れくさいくらいばっちりキメてくれるツインタワー。いけない子だねって言ってる本人たちが一番ワルだっていう。終始上から目線なのがいいです。これ以上書くとTerribleにテリブルされるのでやめときます。

■ こんな曲作りました

そうだよねこの二人だったらこういう曲になるよね~~わかってたよわかってたよ……。そういう照史くんと濱ちゃんが好きだよ……。結構この曲好きというか、「結局夢物語~」からのサビ前のパートの音作りが結構好きなんですよ。ふわふわいた感じの。夢物語感ある。聞いたことある曲を使ってぜんっぜん違う曲作ってるところとか、曲としての完成度が高いところにわけわからん歌詞を付けるこのアンバランスさ癖になる。
普通にコンサート行くと「キャーーー♡」とかあんまりならないタイプのオタク(どっちかというと「ウッ」とか「クッ」とか)なので、掛け合いパートで「照史と崇裕こっち見て~↑♡」とか「きゃー素敵♡」とかできるのがなんか楽しみです。あと英語が喋れたらモテると思ってる二人がかわいい。




以上です。アルバムの評判を全然聞いてないので、もしかしたら他のファンの人とちぐはぐはこと言ってるかもしれませんが、素直に生きます。
「ホルモン」と「Eternal」をひたすら順番に聞きすぎて頭がおかしくなっている芦屋がお送りしました!にぼ次郎とハバネロスナック交互に食べてるみたいな気分になる!