読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こみねもすなるだいありー

全然何にも怖くない

訓読ができない帰国子女、きみにわたしの名前は読めないだろう

生活 自分のこと

ひさしぶりに適当な日記を書いて眠りたいと思います。

 

先週末、東京から来たお姉さんとおいしいケーキを食べて、ごはんを食べてお酒を飲んで、すごく楽しかったです。初めて会った人と隣に座って、ものを食べて、お家にまで呼ぶのは初めてでした。初めてづくし。初めてのフルコース。

 

はたちになって、大分初めてのことが減ってきたなと思ったのですが、だれかとの出会いはいつだって初めてですね…と、当たり前のことに、お姉さんが夜行バスに乗って帰ってしまったあと、駅の閉店寸前の本屋さんで気が付きました。

 

顔も声も知らない私に、ただの私に、いろんな初めてをくれる「誰か」は、いつだって優しいなと思いました。世界にはいい人ばかりではないと聞くんですけども、私は運がいいので、出会う「誰か」は優しい人が八割、みたいな感じです。

 

私と出会う前の、まだ名前も知らない「誰か」のことを考えると、私にも未来があって、そこへ向かっていくべきなんだろうなぁと思えます。少しだけ一生懸命に。

 

うん……ねます……。